中イキ開発による潮吹き体験

前回からの続きとなります。
フェザータッチ性感マッサージで身体の感度が充分にあがっている、ゆきさんに更にオイルマッサージを追加していきました。
弱い刺激で徐々に感度もあがっているゆきさんに「もっとして欲しいですか?」と尋ねたところ
「気持ち良いので、もっとして欲しい」との返事でした。
もっと気持ち良くなりたい。との希望でしたので、身体全体へのマッサージから性感帯に集中して施術を行いました。
乳房や乳輪をマッサージしながら、不意をつく感じで乳首に刺激を与えていくと、我慢できないように喘ぎ声が激しくなっていきました。
強弱をつけ乳首性感帯開発を行いながら、太ももや鼠径部のマッサージを行うと、身体が反応しまくり悶えておりました。
この段階になると、体験者の頭の中は他の事は考えられなくなり、快感のみに自然と集中している状態になってります。
「快感に集中している状態」この状態になると女性は、性的刺激を全て受け入れる状態になっており絶頂をむかえる準備が出来ている事になります。この状態をトランス状態といいます。
体験前のヒアリングや呼吸法、性感マッサージは、体験者にこのトランス状態になって頂くために必要になっているのです。
sara008
ゆきさんは、トランス状態に深くなっていたので、クリトリスへのマッサージは少なめにして膣中へのマッサージを始めていきました。
膣中のGスポットに指を押し当てると、身体が仰け反るように反応を繰り返すようになっていましたね。
Gスポットへのマッサージを10分程度おこなっていると、ゆきさんは恥ずかしそうに「潮を吹きそうです。」と言ってきました。
私は「大丈夫ですよ。我慢せずに気持ち良くなってくださいね。」と声をかけました。
後で言っていたのですが、フェザータッチ性感マッサージの後半くらいから潮を吹きそうな感覚が迫ってきていたそうです。
少し会話があったので、トランス状態から離脱していましたが、乳首とGスポットへのマッサージを再開するとほどなく、ゆきさんはトランス状態になりました。
身体は激しく身悶えし、喘ぎ声があふれ出していました。
再開から3分ほどで、ゆきさんは潮を吹きだし始めました。
潮がでてもGスポットへのマッサージを継続すると、潮は止まらずに溢れ出してきました。
大量の潮吹きを達成されました。
潮吹きは、何度となく見てきましたが、ゆきさんの潮吹きの量は今までで最高の量でしたね、。感覚的に1リットルぐらい出たと思います。
お尻の重さでベッドが沈むのですが、沈んでいる部分に潮で水たまりが出来ていました。また、その潮がゆきさんの背中を通り、髪の毛に到達していました。
この段階でベッドも使えないので、今回の体験は終了となりました。
体験終了後にゆきさんは、満面の笑みで
「この性感マッサージが私の求めていたマッサージです。」
と言ってくれました。
自分自身が求めていた性感マッサージに出会えた事に興奮していました。
体験終了後に色々と感想をお話しして頂きました。
「導入部分の呼吸法の大切さや、体験中には気持ち良い事に集中する事の大切さがわかりました。」
と言って頂きました。
この言葉は私には大変うれしい言葉です。
試行錯誤して構築してきた女性用性感マッサージが、正しいのだと実感できたからです。
実際、ブログ開設当初は試行錯誤の部分もあったので、体験者の方々に満足して頂けたが疑心暗鬼のところがありました。
けど、色々修正してたどり着いた「女性の性感 絶頂 体験」で施術する女性用性感マッサージは正解だったと確信を得ました。

下記の画像のどれかをクリックすると記事に掲載していない画像が表示されます。
  
  
  
シースルーコスプレ水着での乳首のドアップ画像になります。

麻衣さん:絶頂体験動画シリーズ2
麻衣さん:絶頂体験動画シリーズ1
はるきさん:絶頂体験動画
ゆきさん:絶頂体験動画
ひかりさん:絶頂体験動画
みりさん:絶頂体験動画
初めての方はこちらをお読みください
体験応募はこちらからご応募ください
絶頂体験のコースの内容はこちらを参照してください
性感帯の感度を上げる呼吸法はこちらを参照
恍惚状態・トランス状態についてはこちらを参照してください
性感マッサージ体験者の一覧はこちら
体験女性一覧
女性の性感 絶頂 体験

コメント

タイトルとURLをコピーしました